【旅行記】北海道ファミリー旅行12泊13日車旅の費用と総集編

子どもと一緒に暮らす時間は一生の中で僅か。家族3人での旅行やお出かけに使える時間はさらに短くて家族旅行や3人の共通の思い出は永遠だと思っています。

将来に向けた貯蓄も大事だけど、今しか出来ない経験も大事。

すばらしい思い出は幸せな気持ちにしてくれます。家族での経験、感動の体験、思い出にはお金を掛けたいと思っています。

2021年8月1日から12泊13日、家族3人で東京から仙台経由で北海道へ車で旅行してきました。子連れで12泊も旅行する方はあまりいらっしゃらないとは思うものの、どなた様かのお役に立てればと思いアップしました。

この記事は、我が家の家族旅行、北海道旅行記まとめ&旅の費用ノートです。

登場人物

きりもん:38歳、北海道は冬の北海道しかしらない。本当は宗谷岬に行きたかったけど遠すぎて諦めた。

きりもんママ:46歳、キャンプというよりたき火大好きママ。キャンプ行ったらビールではじまりビールで終わるタイプ。

子ども:小学生低学年。キャンプ大好き、たき火大好き、海大好きっ子。

目次

旅の目的

家族3人で考えた旅の目的です。目的なんて考えなくてもいいんですけどね、楽しるのが一番ですし。それでも我が家は、「旅行でどのような経験を積みたいか」を毎回考えています。

そんな我が家の今回の北海道旅行の目的は、、、

北海道で過ごすことで大自然に触れ合う。北海道らしさとは何か知る。

なんせ家族3人自然を知らないのです。子どもには少しでも大自然ってこういうものなんだ。と自分なりに感じてもらいたかったんですよね。

北海道らしさとは何ぞや?と、子どもと一緒に事前に「地理のお勉強」をしました。北海道って広いですよね。苫小牧ってどんなところ?屈斜路湖ってどうやって出来たの?釧路湿原の湿原って何?十勝で有名な特産品は?とか。

そんな行く先々の特徴を事前に学び、そのうえで現地に行って、北海道らしさを感じてみようという作戦でした。どこまで伝わったのか分かりませんが、少なくとも十勝の名産品(チーズとか乳製品、じゃがいも)は、現地で見て、食べて、触れたものが記憶に残っているようです。

やっぱり、キャンプサイコー!!

北海道ファミリー旅行の最大の目的は、北海道でキャンプをすること!!

3か所のキャンプ場を8泊9日宿泊しました。キャンプ場毎に特色があって毎回新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。

これが我が家の生存戦略。
RECAMP 砂場キャンプ場@屈斜路湖を堪能できる夏の北海道 | これが我が家の生存戦略。 20121.8.4(wed)~7(sat) 東京・神奈川には緊急事態宣言が発出され県境を越えた移動自粛が呼びかけられている最中ではありますが、この度、北海道キャンプ旅行として2週間の...
これが我が家の生存戦略。
達古武オートキャンプ場@釧路湿原国立公園内にある唯一のキャンプ場 | これが我が家の生存戦略。 20121.8.7(sat)~9(mon) 東京・神奈川には緊急事態宣言が発出され県境を越えた移動自粛が呼びかけられている最中ではありますが、この度、北海道キャンプ旅行として2週間の...

車の長旅は思ったよりも楽しかったよ!!

普段、車は運転しませんが旅行などでは運転します。今回のように毎日運転する環境が2週間続くのは人生初。googleマップで計算すると走行距離は1,967km。めっちゃ運転しました。

思ったよりも車の長旅、楽しかったです。急ぐ旅でもなかったので風景を楽しんだり、休憩のついでに面白そうな観光地へ寄り道したり、車の中で家族とおしゃべりしたり楽しんでいました。後ろでふたり疲れて寝ている間は一人の時間を楽しめます。

但し、北海道は高速道路はじめ直線道路が多いので、眠い時は死ぬほど眠かったです(笑)

フェリーならではのドキドキ船中泊

今回、家族初のフェリー旅。太平洋フェリーで仙台ー苫小牧間を利用しました。こちらもめっちゃ楽しかったです。船内探検とかお風呂とかお土産屋さんとか、とかとか。

子どもは「船で寝る」というワードだけでワクワクしていたようです(笑)。フェリーだと足を伸ばせて寝れるのもいいですよね。

北海道らしさとは ~四季彩の丘~

苫小牧から旭川に向かう途中で立ち寄った場所です。緑豊かな丘が続く場所でした。個人的に北海道らしさとはこういう風景をイメージしていました。

広大な敷地が続いていて、子どもは走り回っていました。家族と3人でお花を見ながらお散歩です。

北海道ファミリー旅行はやっぱりここでしょ。旭山動物園!

北海道ファミリー旅行の定番といえばやっぱりここでしょう。旭山動物園。評判通りの「見せる動物園」でしたが、暑すぎて記憶があまり。。。(確か33℃くらいだったような)。

モンゴル村でゲル体験がまさかの車中泊…

旭山動物園で遊んだ夜の宿泊施設。モンゴルのゲルで寝れるというのが売りの場所でした。が、異常気象で連日30℃を超える日が続く中、暑くてゲルの中で寝れる訳もなく。。。結局、家族3人車中泊となりました。手作り展望台やアスレチックなどもあったり、翌日のチェックアウトまで子どもと楽しめましたよ!

北海道らしさとは ~渡辺体験牧場で牛の乳搾り体験~

北海道らしさと言えば酪農!牛の乳搾りをさせたくて渡辺体験牧場に伺ってみました。

乳搾りやエサやり体験の他、子どもを産み続ける運命の雌牛。食肉牛として出荷される運命の雄牛。我々人間はそんな命を頂くことで生きることが出来る。そんな都会で生活していると気付かないことを教えて頂きました。

北海道らしさとは ~釧路湿原とカヌー体験~

北海道といえば動物王国。釧路湿原はラムサール条約に登録されるほど手つかずの自然が残る場所。そんな釧路湿原で川下りがしたかったので、カヌーツアーに参加してきました。

キタキツネ、タンチョウ、エゾ鹿の他にもたくさんの野生動物に出会えて、子どもも大人も大興奮のツアーでした。

あわせて読みたい
釧路湿原カヌーツアーで北海道の大自然に溶け込む 家族3人で約2週間の北海道へ旅に出かけました。釧路湿原でカヌーツアーに参加し大自然の雄大さ、野性生物の姿を見て感動。

さすがは北海道!魚介類、美味しかった!!

北海道といえば豊かな漁場、海産物の宝庫!!北海道はたくさん魚や貝が採れるんだよ。って子どもに感じてもらいたくて、海産物を意識して食べるようにしてました(笑)。結果、子どもも北海道といえばお魚みたいな記憶になったようです。

釧路和商市場の勝手丼苫小牧市場のわがまま丼とホッキ貝の網焼き、他にも回転寿司2店、キャンプでのホタテ貝!魚介三昧の毎日でした。

北海道ファミリー旅行車&キャンプ12泊13日の費用は?

我が家は年に一度、比較的長めの旅行に出かけています。例年は沖縄方面への旅行が多くそれなりの出費となるので月々の給料から積立貯金をしています。

今回の北海道旅行はツアーではなく個人旅行。自分達で行き先の選定や現地での観光にかかるお金や宿泊代、高速代から食費などを事前に封筒に分けて管理していました。

ここからは、今回のきりもん家の「北海道ファミリー旅行、車&キャンプ12泊13日」のトータル費用がいくらだったのか、まとめてみました!

フェリー ~仙台→苫小牧 苫小牧→仙台~

フェリー165,800円

内訳は以下の通りです。この値段が高いか安いかは個人の判断でしょう。宿泊代として考えれば1泊9万円はちょっとしたスイートルーム価格です(笑)。一方で、乗用車1台+人間3人を仙台ー苫小牧間運んだ運賃と考えるとこんなもんかなぁと納得出来てしまう金額です。きりもんママの要望で個室にしたのでお値段が高くなった感は否めませんが。。。

乗船区間仙台→苫小牧
乗船日2021/8/12
船名きそ
時間19:00発  8/13 10:00着
部屋特等(洋室 定員2~3名)
人数3名
車両乗用車1台
料金合計95,600円
乗船区間苫小牧→仙台
乗船日2021/8/1
船名いしかり
時間19:40発  8/2 11:00着
部屋1等(和・洋室 定員3~4名)
人数3名
車両乗用車1台
料金合計70,200円
帰りのフェリーのお部屋。

車関係 ~高速代・ガソリンなど~

車関係52,593円

車関係は、ガソリン代と高速代。これも車旅の必要経費なのでコントロールが難しい部分。高速代は下道を使うという選択肢もありますが、移動時間と交換と考えてきりもん家は積極的に高速道路を使うようにしています。

日にち 給油金額 給油量 単価場所
8月1日 5,245円33.84L155円埼玉
8月3日 3,346円22.93L146円旭川
8月6日 4,466円29.00L154円屈斜路湖
8月9日 2,682円18.00L149円釧路
8月12日 3,570円22.60L158円苫小牧
8月14日 5,304円36.58L145円埼玉
合計24,613円162.95L151円
高速料金(ETC)27,980円東京ー仙台、北海道内

キャンプ関係

キャンプ関係合計94,813円

宿泊代 ~3か所~

サイト代32,210円

キャンプ場の受付で支払った金額(サイト代)です。振り返ってみるとキャンプという割には結構な金額になっています。

RECAMP砂場キャンプ場13,500円3泊4日
達古武オートキャンプ場 3,430円2泊3日
くったり温泉レイクインキャンプ場15,280円3泊4日
合計32,210円8泊9日

キャンプでの食材費

食材費39,619円

キャンプ関係の食材費です。毎日スーパーに行ってます。せっかくのキャンプなので、スーパーに行くのは2日に1日程度にしたいところ。反省ですね。

8月4日スーパーフクハラ摩周店 6,243円
8月5日スーパーフクハラ摩周店 3,610円
8月6日スーパーフクハラ摩周店 4,695円
8月7日イオン釧路店 4,742円
8月8日イオン釧路店 7,624円
8月9日スーパーいちまる 3,371円
8月9日くったり温泉レイクインホテル
(氷を購入)
  500円
8月10日イオン帯広店 3,168円
8月11日スーパーいちまる 5,666円
合計39,619円

その他、薪代、クリーニング、雑費など

その他22,984円
8月2日薪代1,794円コメリパワー(薪3巻、広葉樹35㎝/@598)
8月5日薪代1,754円DCMニコット(薪2巻、広葉樹MIX/@877)
8月7日薪代1,078円DCMホーマック(薪1巻、広葉樹MIX6kg)
8月9日薪代 600円くったり温泉レイクインホテルの売店で購入
(薪1薪)
8月11日薪代1,200円 くったり温泉レイクインホテルの売店で購入
(薪2薪)
合計6,426円薪9薪、平均714円
8月3日銭湯 900円大黒湯(旭川市)
8月5日銭湯1,000円ペンションBirao(屈斜路湖)
8月6日銭湯1,000円ペンションBirao(屈斜路湖)
8月7日銭湯1,040円さくら湯(釧路市)
8月8日銭湯 900円さくら湯(釧路市)
合計4,840円
8月2日コインランドリー1,000円STARWASH(旭川)
8月5日コインランドリー1,000円ペンションBirao(屈斜路湖)
8月7日コインランドリー1,000円さくら(釧路市)
8月10日コインランドリー1,000円コインランドリーJOYJWASH(帯広)
合計4,000円
8月5日雑費4,635円DCMニコット(花火、殺虫剤、浮き輪等)
8月6日雑費1,300円RECAMP砂場(レンタルスコップ、スワンボート)
8月7日雑費1,783円FISHLAND(スプーン追加購入)
DCMホーマック(ガスボンベ、着火剤、水)
合計7,718円

キャンプ以外の費用 

キャンプ以外の費用合計131,763円

宿泊代 ~2か所~

宿泊費14,102円

キャンプ場以外の宿泊は2か所でした。両方とも北海道旭川市。どちらもコスト最優先で選びましたが、きりもんさん的にはぎりぎり泊ってもいいかなと思える2泊でした(笑)。

OYOホテル ザグリーンアサヒカワ  8,602円駐車場1,000円込
 旭川モンゴル村(旭川発信ランド桜岡) 5,500円
合計14,102円
OYOホテル。床がペタペタしてました。クーラーはうるさったです。
モンゴル村の宿泊施設、ゲル。この中で自分が持ち込んだ布団を左右の台に敷いて寝ます。が、暑すぎて無理でした。。
楽天トラベル
楽天トラベル: Tabist THE GREEN ASAHIKAWA(グリーン旭川) 宿泊予約 Tabist THE GREEN ASAHIKAWA(グリーン旭川)、JR旭川駅から徒歩15分! 道北一の繁華街&コンビニ目の前のホテル 、JR旭川駅から徒歩15分/旭川...
楽天トラベル
楽天トラベル: 旭川モンゴル村(旭川発信ランド桜岡) 宿泊予約 旭川モンゴル村(旭川発信ランド桜岡)の設備・アメニティ情報: 総部屋数7室。館内設備: 喫茶、売店、自動販売機、バーベキューガーデン。部屋設備・備品: 。旭川モンゴル...

食費 ~お店での食事、コンビニなど~

食費45,850円
昼食 伊達の牛たん 6,200円牛たん定食2、たん芯定食1
夜食フェリーでの軽食 1,860円カレー、ナポリタンなど
夕食大黒屋5丁目支店 6,450円ジンギスカン
朝食コンビニ 1,863円
夕食ちょいす豊岡店 4,873円回転寿司
昼食道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 1,500円概算
昼食まつりや釧路木場店 5,554円回転寿司
昼食釧路和商釧路市場 5,000円勝手丼、概算
昼食海の駅ぷらっとみなと市場 3,600円苫小牧食堂、わがまま丼
夜食スーパーマーケット  1,790円フェリーでの夜食として
朝食フェリーでの軽食 1,390円
昼食安達太良SA 3,670円カツカレーなど
夕食サイゼリヤ 2,100円帰宅後の晩御飯
合計45,850円

アクティビティ ~観光で使ったお金~

アクティビティ39,350円
8月1日仙台観光2,550円瑞鳳殿参拝、青葉城資料展示館
8月2日四季彩の丘3,100円入場料、ノロッコ乗車代等
8月3日旭山動物園4,780円入園料、昼食、雑費(ドリンク等)
8月5日渡辺体験牧場8,020円乳しぼり体験とトラクターで草原周回コース(@2000×3人))、
牧場内食事代
8月8日カヌーショップ
ヒライワ
20,900円釧路湿原川下りツアー
合計39,350円

その他 ~お土産とか雑費~

その他32,461円
7月31日ドラッグストア1,031円酔い止め薬など
8月1日駐車場代2,200円仙台駅前、青葉城での駐車場代
8月1日露店150円ラムネ代
8月1日地元スーパー2,079円フェリー内での晩酌として
8月2日サービスエリア600円休憩時のお菓子
8月2日コンビニ1,032円ホテルでの晩酌として
8月3日地元スーパー2,169円モンゴル村での晩酌として
8月4日サービスエリア360円運転中のお菓子
8月5日道の駅600円地元産のチーズ
8月8日ダイソー330円
8月9日駐車場代300円釧路和商丹頂市場での駐車場代
8月9日お土産17,312円冷凍甘えび(送料込)
8月10日くまざわ書店1,045円雨対策として子どもの書籍購入
8月12日コンビニ364円運転中のお菓子
8月12日mon-bell1,089円テントリペアパッチ
8月13日駐車場代1,800円
合計32,461円

家族旅行、北海道での車旅12泊13日でかかった合計金額は?

家族3人で行く北海道車旅13日間の総額は444,969円でした!

キャンプ関係の合計金額は94,813円、8泊しているので1日平均11,852円なので、ここはそれほど悪くはないかなぁと思っています。

やっぱりフェリー代ですかね、往復で165,800円なので旅行費全体の約4割がフェリー代だった計算です。LCC使って家族3人安い時期に行けば、4、5万円で収まるんじゃないでしょうか。

納得して支払っているのでいいんですが、北海道への移動日だけで考えるとやっぱり割高だなぁという感想です。

車旅行だから安いという考えだと、フェリー代でショックを受ける感じですね。

北海道ファミリー旅行まとめ

とはいえ、北海道、行ってよかった!めっちゃ楽しかったです!

家族3人で総額45万。1日あたり約3万円。これだけの出費で子どもにたくさんの刺激と経験をさせてあげることが出来たので大満足です!家族3人の思い出にもなりました。

過酷な天候に悩まされることもありましたが、それも経験です。それもひっくるめての旅行。今となってはいい思い出です。

来年の夏に向けてしっかり貯めて、楽しい旅をしたいと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア、よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログの管理人

サイト来訪ありがとうございます。
きりもんさんです。東京で家族3人仲良く暮らすパパです。
最近、53歳でセミリタイヤを行うべく貯金生活を始めてみました。
貯金リテラシー低かったこともあり、試行錯誤、四苦八苦しながらですが、
コツコツと歩みを進めていきたいと思ってみます。

コメント

コメントする

目次